レトロとモダン Bascule bridge

駅を出ると、レトロに似合わない、超モダンな高層ビルが目に付きます。
門司港のシンボルになっている展望台のあるビルです。
話題の故黒川紀正氏の設計の高層マンション「レトロハイマート」の
31階(高さ103メートル)に「門司港レトロ展望室」があります。
不安定な形でインパクトが強く記憶には残りますが、これが美しいのでしょうか。
もう少し門司港にふさわしいデザインもあったのではという反論が頷けます。
またこの近くに掛る跳ね橋ブルーウイングも、同様にモダンなデザイン。
歩行者用の橋で、跳ね橋は日本でここだけとか。
ちょうど橋が跳ねているときに出くわせてラッキーでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13