アメリカ旅(26) しっとりしたボストンの街並み



午後は、ボストン市内を廻りました。
19世紀ののままに残されたビーコンヒルの街並は、しっとりして上品。
いかにもハイソサエティの人が
住むにふさわしい雰囲気を漂わせていました。
ジョージア様式建築のマンションは1億円以上するという高級住宅エリアです。
ガス灯もいまだ燈り、馬車が通った石畳の路地もそのまま残されていました。
若草物語」の作者オルコットが住んでいた家もありました。
コンビニエントストアのセブンイレブンやマクドナルドも
ここではクラッシックな街並みに合わせたシックな色調です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/10/9

アメリカ旅(26) しっとりしたボストンの街並み” へのコメント

  1. どの画面もとても楽しく読ませていただいております。視点に変化があるしインパクトも十分、写真も雰囲気ばっちり!私にはまだ勇気がありませんが外国の一人旅いつかはと希望がむくむく、、、

    1. 佳世さん、いつもコメント有難う。とても励みになります。幾つになっても、目標に向かってチャレンジして行きましょう。

この記事へのコメントはできません。