九州の旅(23) おびただしいお雛様(大分・日田)

日田観光の大きなセールスポイントの一つはお雛様です。
お雛様の町として上手に宣伝して観光客を招いたのが
日田が脚光を浴びるきっかけとなりました。
今日は4月、ちょうど月遅れのお雛様ですから、観光目玉のお雛様は
街中のショーウインドーなどのそこここに飾ってありました。
中でも最大の展示館は常設の「雛御殿」でした。
入館料300円ですが、さすがに有料だけのことはあり
これでもか、これでもかというほどに、夥しいお雛様が飾られていました。
中には時代を経た由緒あるお雛様もありましたが、
ギッシリと詰め込まれたお雛様を見ていると、
一対づつ愛でる感動よりも、数の多さに圧倒されて機械的に眺めてしまいました。
人間というのは誠に勝手な者です。
でも、無事息災を願う親の気持ち、わが子の幸せを祈る気持ちをこめてのこそ
感動も伝わるのではないかと複雑な思いがしました。
この雛御殿の入口は大きな土産物店になっていて、
店員さんの威勢の良い呼び込みの声が一層私の思いに拍車を掛けました。
それでも、これだけの多種のお雛様を集め管理するのは経費もかかり
ご苦労もあるでしょううから観光客としては感謝しなければ・・・。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/14