うらうらと善光寺

今日は、善光寺詣でをしました。
松代のホテルから長野駅までシャトルバスが1日4本出ているので、
その1番早いバスに乗って長野駅まで行き観光案内所に寄って
地図を調達する傍ら旬の観光情報をゲットして善光寺まで行きました。
善光寺に来たのは数十年ぶりですので、以前の記憶も定かではなく
初めて同然ですので、新鮮でした。
参道をブラブラ歩くと古い建物と、新しく建てかえながらも伝統を取り入れた
いい感じの町並みが出来ていて好感が持てます。
早朝のため、参拝客も疎らでゆっくりと境内を散策できました。
ここのご本尊は日本最古の仏像で本来ならば法要時以外は拝めないのですが、
たまたま法要をしている団体があったので数分間のご開帳のときに
私も拝見することが出来たのは幸運でした。
ついでにこの団体向けの法話も聞いてしまい勉強になりました。
また「お戒壇めぐり」もして、真っ暗な回廊を周って結縁をしたり
お線香を焚いたり、おみくじを引いたりして日頃は
めったのいしないこともして、楽しみながらお参りをしました。
広い境内を時間をたっぷりかけて歩いていると
日ごろの煩悩も消えて自分が善人のような錯覚?心清らかな気持ちに。


写真は上左は重文のの山門、右は国宝本堂。下左は忠霊殿、右は一茶の句。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最終更新: 2015/8/13